TOPへ  企業概要  カタログ請求  リクルート  サイトマップ  ご利用にあたって



NEWS & TOPICS

UDGの特長

施工例(導入実例)

製品図面

グレーチングコラム

展示イベント情報

よくある質問 FAQ

カタログ ダウンロード


UDG型式・価格表(PDF)

【スチール製】
正方形ますぶた
110゜オープンますぶた
かさあげ式みぞぶた(JIS)
かさあげ式みぞぶた(可変勾配側溝)
U字溝用みぞぶた
固定式みぞぶたエコノミー
側溝用みぞぶた

【ステンレス製】
ステンレス正方形ますぶた
ステンレスU字溝用みぞぶた
ステンレス側溝用みぞぶた




「Made in 新潟 新技術普及・活用制度」にデータ登録
登録番号/18D2002

「Made in 新潟 新商品調達制度」に認定
認定番号/H17-06

東京都建設局「新材料・新工法集」選定商品

国土交通省新技術情報提供システム「NETIS」(ネティス)に登録
ユニバーサルデザイングレーチングは国土交通省新技術情報システム「NETIS」(ネティス)登録技術です。

登録番号/HR-030002

平成15年よりNETIS技術に掲載されておりました「ユニバーサルデザイングレーチング」は最大掲載期間の登録翌年度から10年間が経過したため2014年10月で終了となりました。NETISへの掲載は終了致しますが、本グレーチングは数多くの実績を有し、安全性の高いグレーチングとして高い評価を頂いておりますので、今後とも変わらぬご採用をお願い申し上げます。


建設技術展2003近畿において「注目技術賞」を受賞

平成15年度「防災・環境新技術テクノコンペ」において「普及奨励賞」を受賞



製品のご購入・ご相談は、お気軽にご連絡ください。
本社:0256-38-5011 
東京:03-3553-9031 
E-mail:niigata@kawagure.co.jp


 
自転車VSグレーチング -世はまさに自転車ブーム-


見落とされやすい領域のユニバーサルデザイン

グレーチングとは?

グレーチングとは、排水溝(側溝)の格子状の金属のふたです。皆さんも歩道や公園でよく見かけることがあると思います。
雨で道路に水が溢れないように排水溝は必要不可欠なものです。その排水溝へ、水を流しつつ歩行者が落ち込まないようにするためのものです。使用されている場所は至る所にあり、道路・ビル・船舶・プラント・階段・駐車場など排水溝があるところには必ずと言ってもいい程にグレーチングが必要となってきます。
グレーチングはコンクリートのふたと比べて、排水性やメンテナンスの面でも優れている資材なのです。



「ひやりはっと」の経験ありませんか?

従来のグレーチングは、排水性を重視するために格子状の目が大きく、その為に車いす・シルバーカー・ベビーカー等の車輪がはまったり、落ち込んだりといった問題がありました。

 対向車が来たので慌てて道路の端に避けようとして、車輪が側溝ブタにはまりこんで動けなくなったり、雨や雪で路面が濡れていると車いすのタイヤが滑りやすく、介護者さえも足をとられるケース等、「ひやりはっと」の事例が数多く寄せられています。

特に車いすをご使用する方から、「グレーチング上を通過する際は、車輪がはまらないようにするために必ず斜めに走行する」、また介護をされる方からも同じように「グレーチング上を通過する際は最善の注意を図って安全通過に心がける」との声もありました。

何の問題もなければ真直ぐに進めばすむところを、車いすをご使用される方はグレーチングが敷設されていた場合、その箇所を斜めに通過しなければならないのです。数多くの方から寄せられた意見の中で、斜めに通過するためには直前で不自然な動作・準備をしなければ通過できないことを一応に負担・バリアーと感じると言われていました。

このような問題は、車いすを使用する方・介護する方だけの問題ではないはずです。誰もが病気や事故で車いすの生活を余儀なくされることも、また高齢化社会の中にあって決してひとごとの話ではないとおもいます。


雨の日に濡れたグレーチング上を通過する際に滑ってしまった、自転車・バイクを運転中スリップしたなどの声もあります。
この問題も誰もが雨の日の歩行時、一度や二度「ひやりはっと」経験されたことがあるとおもいます。
滑ったり、転んだりした際何故、このような場所にグレーチングが敷設されているのか?とおもわれた方も大勢いらっしゃるとおもいますが、前節でも明記したとおり排水性を考慮して敷設されています。スベリ止めを施したグレーチングもありましたが、結果的に不充分と言わざるを得ません。



従来の対策として「細目グレーチング」

車輪のはまり込み問題を解決する方法として細目のグレーチングもあります。これはまた、女性が履くハイヒールがはまりにくいタイプで主に「バリアフリーグレーチング」として使用されています。
しかし、場所によっては石やゴミ・落葉が目詰まりをおこして、グレーチング本来の高い排水機能が損なわれるという結果となっています。
従来のグレーチングと比べて格子の目が細かいため重量が重くメンテナンスがしづらい、また、スベリ止め効果も従来グレーチング同様に不充分と言わざるを得ません。

そこで私たちは誰にとっても安全を考慮したグレーチング「ユニバーサルデザイングレーチング:UDG」を開発致しました。



ユニバーサルデザイングレーチング

グレーチング本来の排水性とメンテナンス性を保ちつつ、車輪がはまり込んだり滑ったりせず、歩行者に安心して通過できるグレーチングを作れないか?

従来のカタチにこだわらず、カワグレが出した答えが、新しい発想でグレーチングの形状を三角形にした日本初「トライアングルピッチ」の採用です。
従来の格子目から三角形「トライアングルピッチ」にすることで、どんな方向からでも
車輪を安全に、ガタツキを抑えて通過できるようにしました。

もはや、車いすをお使いの方でも、グレーチング上を斜めに通過する必要はありません。介護する方も直前で向きを変えたり、すべりにくい靴を履かなくとも安心して車いすを押すことができます。
もちろんシルバーカー・ベビーカー等をご使用される際も安心してグレーチング上を通過して頂けます。


さらに部材に新しい「凹凸加工」を施し、従来のグレーチングとは段違いのスベリ抑止効果を高めました。これにより雨や雪の路面コンディションにも左右されないすべりにくい安全構造を実現致しました。通常の歩行はもちろんのこと、自転車やバイクでもほぼアスファルト・コンクリートの地面を走っているのと同じような感覚で通過できます。

また「グレーチング本来の高い排水性を保つ」という面でも、従来グレーチングから比べて同様の開口率を維持してあるため、高い排水性を実現しています。
グレーチング重量も細目グレーチングに比べて抑えてあるため、取り扱い・メンテナンスがしやすくなっています。

ユニバーサルデザイングレーチングは安全で快適なグレーチングです。様々な施設内及び駐車場の側溝ですでにご使用頂いております。病院・福祉施設・アミューズメントパーク・スーパーマーケット・工場etc)高齢者・障害者・妊婦・子供の負担を出来うる限りケアすることで、安全で安心な優しい街づくりを実現します。




  
Copyright(c) 2000 KAWAGURE Co.,Ltd.All Rights Reserved.